アオドウガネ

2013.07.03(Wed)

幼虫が植物の根を、成虫が広葉樹の葉を食べるところから園芸や農業の害虫として嫌われ、しかもしばしばカナブンと混同されるなど人間界的には扱いの悪いアオドウガネ。しかし、その姿形だけ見ると、ご覧のよう非常に綺麗な虫です。

IMG_9969.jpg
(20130703 千葉市若葉区)

体長は2~2.5cmほど。元来が南方系の昆虫で、リアルタイムで徐々に北進を続けています。今のところ関東は分布の北限近くにあたるようです。この見事なメタリックグリーンは以前ヤマトタマムシの項で触れた「構造色」で、そのためフラッシュを焚いて撮影したりすると全然違う色に写ってしまいます。興味のある方は試してみてください。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

21:53 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
82位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑