DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コオニヤンマの連接

コオニヤンマは、実のところヤンマ科でもオニヤンマ科でもなく、日本最大のサナエトンボです。5月くらいから成虫が出現し、7月に入る頃から多く見られるようになります。体長は8、9cmにも達するので、雌雄の連接もなかなか迫力があります。

IMG_9977.jpg
(20130703 千葉市若葉区)

だいたいにおいてトンボの交尾行動というのは雄が雌を無理矢理捕まえて、お尻の先端にある「尾部付属器」で首をはさみつけるところから始まるもので、たいへん乱暴です。上の写真もなんだかプロレス技の受け身のとりそこないみたいな格好になっています。人間なら頚椎損傷ものですね。

この後、交尾が首尾よくいけば雌はホバリングしながら「打水産卵」を行うのですが、このカップルは雌がもがきにもがき、ついに逃げ出してしまったのでした。

▽コオニヤンマに関する過去の記事

コオニヤンマのヤゴ 2012.6.3

コオニヤンマ 2009.6.15
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/07/04 23:04 ] 昆虫類・トンボ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。