DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オオシオカラトンボの産卵

谷津田の土水路で、オオシオカラトンボのペアが産卵をしていました。



雌が尾部を水に叩きつけて「打水産卵」をする間、雄は上空をホバリングして「警護飛翔」をしています。雌を守っているというわけですが、この際、雄が最も警戒しているのは「他の雄」です。トンボというのは雄がおそろしく暴力的な繁殖行動に出る生き物で、例え雌が産卵中であろうと、チャンスがあれば奪い取りに来るのです。しかもその交尾行動はまず尾部付属器で雌の頸部を挟むところから始まるのですから、人間に置き換えて考えてみたら、男というのはみんな出産中の人妻だろうと襲ってまず首を絞めるというような存在だということになり、もう滅茶苦茶です。

オオシオカラトンボは年に1世代から2世代、幼虫の期間は64日くらいですから、今産みつけられた卵からは、秋には成虫が発生することでしょう。

▽オオシオカラトンボに関する過去の記事

オオシオカラトンボの交尾・2011年 2011.7.5

オオシオカラトンボの交尾 2010.7.26

オオシオカラトンボ 2008.8.10
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/07/10 21:40 ] 昆虫類・トンボ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。