手すりの上のハクビシンの糞

2013.07.27(Sat)

水路沿いの手すりの上に、獣の糞がありました。植物の種子が多く含まれており、ほぼ無臭。しかも地面より高い構造物の上と、特徴が三拍子揃ったハクビシンの糞です。

IMG_0635.jpg IMG_0636.jpg
(20130726 千葉市若葉区)

しかしまあ、写真を見ればわかる通り、手すりのむこうは小さな滝のような堰になっており、足を滑らせでもしたらコンクリートの上めがけて数メートルまっさかさまです。こんなつるつるした手すりの上を器用に歩き、ウンコまでするとは、どういう勇気というか神経をしているのでしょう。

ちなみに、水路を渡ってむこう側の手すりの上にも同じような糞がありました。ハクビシンは決まった場所に排泄を続ける傾向があります。この手すりはトイレとして使われているようです。

▽ハクビシンに関する過去の記事

ハクビシンの糞 2012.11.11

泥の上に残るハクビシンの足跡 2012.6.10

ハクビシンの足跡 2012.4.7

ハクビシンの幼獣(死体) 2009.10.1
関連記事
スポンサーサイト

Category: 哺乳類

15:00 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
566位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑