スズキシャチホコ

2013.09.07(Sat)

開張4.5cmほど。見るからにもふもふとしたこのガは、スズキシャチホコです。

IMG_1478.jpg
(20130906 千葉市若葉区)

平地から山地まで幅広く見られます。幼虫の食草はコナラやミズナラなどのブナ科コナラ属の葉ですので、里山の雑木林でおなじみのガのひとつです。

名前の「スズキ」というのは、やはり「鈴木元次郎さん」という人の名前にちなんでいます。大正年間に京都に花園昆虫研究所を設立し、大きな業績を上げた研究者です。この方の名前の残る昆虫には、他にスズキナガハナアブが有名です。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

17:05 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
82位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑