オスクロハエトリ(♀)

2013.09.09(Mon)

ハエトリグモには丸っこい体型のものが多い中、オスクロハエトリはスマートな体形をしています。雄は8~9mm、写真のような雌では1cmを越えるほどになります。長く逞しい第一脚がなかなか強烈です。

20130909.jpg
(20130909 千葉市若葉区)

以前一度紹介した雄が金茶色の光沢のある黒い体をしているのに対し、雌にはこの写真のタイプ以外にも様々な模様の変異があります。そして、ヤハズハエトリと非常によく似ているのですが、この写真の個体は第一脚が黒いこと、腹背の後端付近の両側の黒い紋などからオスクロハエトリとしました。間違っていましたら気がついた方はご指摘をお願いいたします。

田んぼの近くによく見られ、イネ科の植物で獲物を待っていることが多いクモです。この細長い体形は、そうしたシチュエーションになかなかうまく適応しています。

▽オスクロハエトリに関する過去の記事

オスクロハエトリ(♂) 2011.12.5
関連記事
スポンサーサイト

Category: 鋏角類

21:36 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
947位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
101位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑