エゾカタビロオサムシ

2013.09.17(Tue)

畑の隅っこでエゾカタビロオサムシに出会いました。体長は3cmほど、ダークなメタリックの背中には小さなへこみが点々と入っていて、どことなく工芸品めいた姿です。

IMG_1908.jpg
(20130917 千葉市若葉区)

ほとんどのオサムシは飛ぶことができませんが、このカタビロオサムシの仲間は飛ぶことができます。従って、地上を這い回るだけでなく樹木の上にまで進出してイモムシなどを狩り、また灯火にも集まります。エゾカタビロオサムシは「蝦夷」という名前はついているけれど、北海道から九州まで日本全土に分布しています。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

22:39 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
925位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
101位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑