DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クロスズメバチ

朝8時、何かの動物に襲われ、しかし食べられずに放棄されたものらしく(近くを人が通りかかったか何かしたのかもしれません)、路上にキジバトが一羽死んでおり、大量のクロスズメバチが群がっていました。

201309191.jpg 201309192.jpg
(20130918 千葉市若葉区)

写真にキンバエも一緒に写っているのでスケール感はお分かりになると思いますが、クロスズメバチは、スズメバチはと言っても、女王蜂でも体長1.5cmほどしかありません。攻撃性、毒性ともにそれほどでもないので、このように接写などしても比較的安全です(とは言えこういったことには時と場合というものがありますので、「おまえのまねをしたら刺された!」などという怒りの抗議とかを送ってこられても困ります)。様々な昆虫を捕食し、またこうした新鮮な動物の死骸にも集まってきて、肉団子を作成しては巣に持って帰ります。

その巣の中で待っている幼虫や蛹は、いわゆる「ハチの子」としてなかなかの美味であり、地方により養殖等も行われています。巣は主として地面の中につくられ、体が小さいわりになかなか大きく、時として育房数1万を超えることもあるのです。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/09/19 16:41 ] 昆虫類・ハチ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。