DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニホンザルのセルフグルーミング

サルというのはしょっちゅうあちこちがかゆそうにしており、ポリポリかいています。また、仲間同士で、あるいは自分で、毛づくろいのようなことをし合っています。これはいわゆる「グルーミング」という行動で、仲間同士で行う時にはコミュニケーション上重要な意味を持っています。

一方、ひとりでやっている時はこんな感じです。



指で毛をかき分け、何かを探している様子。これは「ノミ取り」と言われることが多いですが、実際にはシラミやその卵を取っているようです。取ったやつは食べてしまいます。

20130930.jpg
(20130928 富津市)

あぐらをかいて座った姿は「近所のじいさん」みたいです。イヌやネコなどは体をかく時いっさい前足を使いませんが、そこはサル。人間同様に指でポリポリかいています。

※ニホンザル
千葉県レッドリスト・C(要保護生物)


▽ニホンザルに関する過去の記事

樹上のニホンザル 2013.9.29

ニホンザル 2009.11.25
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/09/30 11:58 ] 哺乳類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。