キバラヘリカメムシ

2013.10.06(Sun)

マユミの実などに集まるキバラヘリカメムシは、個人的には千葉県で見られるカメムシの中でも美しい種のひとつだと思います。

201310061.jpg 201310062.jpg
(20131006 千葉市若葉区)

写ってませんが、腹部はレモンイエローです。以前紹介した幼虫と比べると、黒い翅が全体を引き締めなかなかシックです。

動きはあまり速くなく、カメラを向けるとやおら葉の裏に回り、その葉を裏返すとまた表に回り、という無限軌道のような動きをします。テントウムシを棒につけて両端を上げ下げするのと同じようにいつまでも遊べます(そんなことして遊んでもしょうがないのですが)。

体長は1.5cmほど。いつも集団でいることと臭いを発すること以外には武器を持たず、食草に群がって淡々と暮らしています・・・というのは人間から見た見方で、きっと彼らは彼らなりにエキサイティングな生活を送っているのかもしれませんね。

▽キバラヘリカメムシに関する過去の記事

キバラヘリカメムシの幼虫 2010.9.18
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・カメムシ目

23:31 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
82位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑