DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サワガニの稚ガニ

湧水が流入する谷津田の土水路に網を入れたところ、甲幅1cm未満のちっちゃなサワガニがざくざくとかかりました。

201310121.jpg 201310122.jpg
(20131010 袖ヶ浦市)

サワガニというのは実はけっこう特殊なカニです。日本固有種、そして一生を淡水で過ごす日本で唯一のカニで、通常のカニが孵化後にゾエア→メガロパ→稚ガニ、という三段階の変態でようやくカニの姿になるのに対し、稚ガニになるまでを卵膜の内部でやってしまい、親と同じ姿になってから出てきます。雌は初夏に50個くらいの卵を産み、孵化後も3日か4日ほどおなかに抱えて過ごすので、たまに子ガニをたくさん抱いた母親ガニに出会うことがあります。

こうした稚ガニが成熟するまでには3~4年とけっこうかかり、その寿命は10年に達するということです。

※サワガニ
千葉県レッドリスト・C(要保護生物)
千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)


▽サワガニに関する過去の記事

サワガニ 2011.11.10
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/10/12 20:43 ] エビ・カニ類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。