ニホンカナヘビ

2008.07.15(Tue)

こっちのほうを「トカゲ」だと思っている方が多いのではないでしょうか。ニホンカナヘビです。


 

(20080712 千葉市若葉区)


ニホントカゲとは、まず肌の質感で区別できます。カナヘビのほうがずっとざらついた感じです。そして、尻尾が細長いです。やはり自切をするので途中で切れちゃったりしてることも多いですが。


たいへん素早く動きますが、このニホンカナヘビをじっくり観察しようと思ったら(ニホントカゲも同じですが)、朝が比較的良いでしょう。石の上とかで日光浴をしています。


日本列島の固有種です。そしてこの種を記載したのも、シュレーゲルアオガエルでおなじみの、あのシュレーゲルさんなのです。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 爬虫類

19:17 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
683位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
69位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑