DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホタルトビケラ

季節はすっかり初冬。しかし、この時期になってから成虫が出現する昆虫もいます。ホタルトビケラもそんな虫です。

IMG_3575.jpg
(20131114 袖ヶ浦市)

体長は2cmくらい。黒っぽい姿に朱色の胸部が特徴で、このような黒と赤系のツートーンの虫は、名前に「ホタル」がつくことが多いです(「ホタルガ」とかね)。幼虫は流水の水中で暮らし、砂などでミノムシのような巣を作り、その中に入っています。成虫も水から遠くに離れることはありません。この個体も土水路にオーバーハングした植物上にいました。

トビケラ目は先祖をチョウやガと同じくするという仲間で、ただし翅には鱗粉をまとうかわりに毛が生えているので「毛翅目」ともいいます。幼虫はチョウやガの幼虫と同じように「糸を吐く」能力を持ち、水中で先に述べたような巣をつくる際にもこれを用いるわけです。

※ホタルトビケラ
千葉市レッドリスト・B(重要保護生物)
スポンサーサイト
[ 2013/11/15 11:45 ] 昆虫類・トビケラ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。