DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒメヤママユの命の終わり

農道の路肩に、ヒメヤママユが翅を拡げていました。

IMG_3842.jpg
(20131124 千葉市若葉区)

すっかりボロくなり、風が吹くと翅がひらめきます。死んでいるのかと思いましたが、わずかに肢を動かすのでまだ生きているとわかりました。しかし、もう飛び上がる力、這う力は残っていないようです。

ヒメヤママユは11月頃成虫が発生します。口は退化しており、羽化した後は何も食べません。食べたり育ったりすることは幼虫時代までに終えてしまい、空に羽ばたき、子孫を残すために成虫となるのです。その寿命は約二週間。成虫が死んでいった後、越冬は卵の状態で行われ、その命は次代に引き継がれてゆきます。

▽ヒメヤママユの関する過去の記事

ヒメヤママユ 2012.11.17


関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/11/25 21:13 ] 昆虫類・チョウ目 | TB(-) | CM(2)
キレイです
ものすごいオーラを感じますね。
怪しげな美しさに、魅入られてしまいそうです。
[ 2013/11/25 22:47 ] [ 編集 ]
>南風さん
ヤママユガの仲間は独特のたたずまいがありますね。ヒメヤママユは特にまとっている空気みたいなものがある気がします。出会うとハッとしますね!
[ 2013/11/27 01:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。