DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アカハバヒロオオキノコ

暖かい時分と違って、冬はただ野山をうろうろ歩いていてもそう簡単に虫に出会うことはできません。ではどうすりゃいいのか。「いそうな場所をあたってみる」ことです。

例えば、林縁の、こんなようなカワラタケが密生した切り株。

IMG_4466.jpg
(20131226 千葉市若葉区)

キノコとキノコの隙間をのぞくと、おお、いるいる。細い棒でほじくると体長5mmほどのオレンジ色の甲虫が出てきました。

20131226.jpg
(20131226 千葉市若葉区)

知らずに見ればハムシの仲間のような姿ですが、その正体はオオキノコムシ科の『アカハバヒロオオキノコ』です。カワラタケのようなキノコを食べて生活し、成虫越冬であるため、この季節でも観察することができるのです。手にとると数秒は脚を縮めて「死んだふり」をしていましたが、すぐに歩き出し、私の指を伝ってキノコに戻っていきました。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/12/26 21:57 ] 昆虫類・甲虫目 | TB(-) | CM(2)
こちらから探しに行くとなると、やはり植物の知識が必要だと痛感します。
今後の僕の課題です。
[ 2013/12/31 16:47 ] [ 編集 ]
>あしゅりんさん
動物を調べようとすると植物は避けては通れないですよね。
私もわからないことだらけです。お互い新年もいい勉強をしましょう!
[ 2013/12/31 18:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。