センサーカメラに映ったイノシシ

2014.01.31(Fri)

イノシシは元来、県内に広く分布し、戦後しばらくまでは船橋や松戸あたりにも生息していたようです。1946年には県全体で90頭くらいが捕獲されています。しかし、その後減少に転じ、70年代に入る頃には、房総半島では非常にレアな生き物になっていました。72年を最後に捕獲も途絶えます。これは狩猟圧に加え、豚コレラの蔓延が大きな原因とされています。78年の「第2回自然環境保全基礎調査」においては、清澄山系を中心に10頭くらいの生息が推定されました。ほぼ、絶滅したかしないかの狭間のような扱いです。

ところが、86年に君津で1頭が捕獲され、平成に入るとイノシシは南房総を中心に加速度的に増加し始めます。狩猟目的で県外のイノシシを持ってきて放獣を行った人間がいたためです。その一部はイノブタであったともいいます。在来の個体群が絶滅もしくはそれに近い状態となって生態学的地位がぽっかり空いていたことに加え、第一次産業の衰退による耕作放棄地の増加、中山間地の荒廃がそれに拍車をかけました。平成23年度には県内で13000頭を超えるイノシシが捕獲されています。個体数は当然のことながらそれをはるかに上回る数なわけで、「10頭いるかいないか」だったものが、30年間でそんなになっちゃったわけです。やはり平成23年度、県内のイノシシによる農業被害は2億円以上にのぼっています。分布域もぐんぐん拡大しており、千葉市内でも既に目撃情報があり、また私自身、個人的にハンターの方から「もう千葉市にもいる」とはっきり聞いています。

そんなにたくさんいて、しかも農業に被害をもたらすならどんどん捕まえて食べちゃえばいいというのは誰しも思うところ。実際にそのような動きは各地域で起こっているのですが、そこにいっとき冷水を浴びせたのが東京電力福島第一原発の事故でした。千葉県が分析した検体のうちから100ベクレル/kgの基準値を超える放射性物質が検出されたため、県は出荷自粛を県内全施設に要請し、かつ2012年11月5日付けで、国の原子力災害対策本部長より、県内で捕獲されたイノシシの肉について出荷制限が指示されたのです。土と一緒に様々な土壌の生物を食べるイノシシは、放射性セシウムの影響を受けやすいのです。

この出荷制限は、2013年7月19日までに県内すべての処理加工施設において解除されています。ちなみに現在、県内の処理加工施設で加工されているイノシシ肉の放射性物質の検査結果については、全頭検査結果をこちらで確認することができます。昨年末には、捕獲したイノシシ肉の販売促進のため、市原市と大多喜町が協定を結びました。

こちらの動画は、私が生物調査を請け負わせて頂いている袖ヶ浦市の谷津田で、現地スタッフの方が設置したセンサーカメラに撮影されたイノシシのファミリーです。



この谷津田では、いくつかの定点で、イノシシが夜間非常にしばしばカメラに映っています。足跡はいつも縦横無尽に残っているし、餌を求めて鼻で掘るため水路や畔など地形もしょっちゅう改変されています。トウキョウサンショウウオなど、希少な生物に対する食害も無視できないものがあります。これから時間をかけて、どれほどの個体群がどのようにここで活動しているのか記録していきたいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 哺乳類

18:00 | Comment(3) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

うりゅう #MV6sAcYY

お久しぶりです

千葉のイノシシ、こちらでも伝え聞いています
信州でも同じように被害が拡大しており
ごく稀に日中でもでも見かけます

豚の遺伝子が入った個体群が居ると言うのは困りものです
産仔数が猪より多くなり
生長が速くなり最大個体のレベルも上がる
繁殖期の縛りもゆるくなるはずです
またそういった個体を神戸で見ましたが
猪本来の警戒心が薄れます
人に遭遇して事故が起こるケースも増えるのではないでしょうか

2014.02.01(Sat) 08:39 | URL | EDIT

あしゅりん #-

もう、大島さんが猟師になって、猪やキョンを狩りましょう。そして売ったり食ったりしましょう!

2014.02.01(Sat) 18:42 | URL | EDIT

大島健夫 #-

>うりゅうさん
お久しぶりです!
日中でも見かけるというのは凄いですね・・・。
この動画を見てくださった方から、六甲山近辺でのそういった事例をお聞きしたばかりでした。あちらではさらに「餌付け」の問題が絡んでいたりして、厄介なようですね。

>あしゅりんさん
狩猟免許、かなり本気で検討しているんですよね。どういったレベルでどういったことが最善かを考えなければならないと思います。

2014.02.01(Sat) 21:58 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
947位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
101位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑