DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キクメハシリグモ

この日は谷津田の水路調査ミッション。水底の落葉の中に網を入れていると、巨大なクモが出てきました。

20140226.jpg
(20140226 袖ヶ浦市)

キクメハシリグモです。この谷津田で調査をするようになって2年半になりますが、このひとと対面するのは初めてです。キクメハシリグモは大陸では普通種である一方、国内では21世紀に入るまで記録が少なく、近年になって国内のあちこちから見つかっています。キシダグモ科ですから網は作らず、水辺で待ち伏せ型の捕食行動を行い、魚や両生類までも餌にします。潜水も巧みです。ちょいと物差しをあててみると、

201402261.jpg
(20140226 袖ヶ浦市)

ご覧の通り、体長だけで3cmになんなんとする、なかなかの大きさ。ちなみに顔はこう!

201402262.jpg
(20140226 袖ヶ浦市)

その生態にはいまだよくわかっていない点が多いようです。一つ言えるのは、こんな大きな個体がこの季節に見つかるということは、この地では成体で越冬しているということです。時あたかも両生類の繁殖の季節。それに合わせて出てきたのでしょうか・・・
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/02/27 16:32 ] 鋏角類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。