マクラギヤスデ

2014.03.04(Tue)

さてさて、いつも庭石を引っくり返してばかりでは芸がないので、今日はプランターを引っくり返してみました。

何やら2cmほどの、ワラジムシを縦方向に足していったような生きものが出てきました。

20140304.jpg
(20140304 千葉市若葉区)

これはオビヤスデ目の「マクラギヤスデ」です。日本全国の朽木の下や物陰などに普通に見られるヤスデで、名前の「マクラギ」はもちろん、鉄道の「枕木」に似た姿なことからの命名です。かっこうは気持ち悪がられるけれども、いたっておとなしく咬みつきもしなければ毒もなく、枯葉などを分解して豊かな土壌を形成する役割を果たしています。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 多足類

21:42 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
48位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑