DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アズマヒキガエルの繁殖行動・2014年 ~蛙合戦~

いよいよアズマヒキガエルが冬眠から覚め、繁殖行動に入っています。谷津の奥の池では、そこここでこのような光景が。

20140320.jpg
(20140319 千葉市若葉区)

この日は近辺のいくつかの池を回りました。ヒキガエルの発生には場所ごとに年によって増減があり、昨年ほとんどヒキガエルが来ていなかったある池では、50匹以上が集合し、大混乱に陥っていました。

201403201.jpg
(20140319 千葉市若葉区)

だいたい雌雄の個体数の比率は、雌1に対して雄が6とか7とかいう割合なので、いわゆる「蛙合戦」が起きるわけです。動画に撮ってみました。



すったもんだの騒ぎの中、いつの間にか雌に抱接することに成功していた雄に、他の雄が次々と挑みかかります。ところが抱接に成功した雄はやたらと足が効き、近づいてくる他の雄をそのままの体勢からばったばったと蹴り倒し、大立ち回りを演じています。日頃のそのそしているヒキガエルでも、その脚の力の強さにはおそるべきものがあります。

上の動画でも、間違えて他の雄に抱接しようとする雄の姿が散見されますが、通常、ヒキガエルはそうして間違えて抱きつかれると「解除音」という声を発し、「間違えるんじゃねえ」ということを相手に伝えます。ところが、うっかり他の種類に抱きついてしまうと言語が通じないため、悲劇が起こります。

201403202.jpg
(20140319 千葉市若葉区)

これもまた別の池で撮影したものです。上の写真、何がどうなってるのかおわかりになりますでしょうか。ヒキガエルが3匹がかりでウシガエルに抱きついた挙げ句に締め殺してしまい、それでもまだ気がつかずに全員で抱きつき続けているのです。あんまりにも哀れなので木の枝でつついて離してやりましたが、離れたあとのウシガエルは、とてもここには写真を載せられないような気の毒な姿になっておりました。

※アズマヒキガエル
千葉県レッドリスト・C(要保護生物)
千葉市レッドリスト・C(要保護生物)


▽アズマヒキガエルに関する過去の記事

アズマヒキガエルの上陸 2013.5.15

アズマヒキガエルの繁殖行動・2013年(2013.3.19)

アズマヒキガエルの繁殖行動(2012.4.5)

アズマヒキガエルの休眠(2011.6.2)

アズマヒキガエルの幼生が上陸間近(2011.5.19)

アズマヒキガエルの幼生(2011.4.26)

アズマヒキガエルの繁殖行動が最盛期(2011.3.30)

アズマヒキガエルの繁殖行動・2011年(2011.3.18)

アズマヒキガエル、ウシガエルに抱接する(2010.3.18)

産卵後のアズマヒキガエル(2010.3.16)

鹿島川沿いの田んぼにおけるカエルの卵塊(2010.3.13)

アズマヒキガエルの卵塊(2010.3.8)

アズマヒキガエル出現(2010.3.3)

千葉市の両生類(2010.1.24)

アズマヒキガエルの繁殖行動(2009.3.25)

アズマヒキガエルの午睡(2008.4.15)

アズマヒキガエル(2008.3.19)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/03/20 20:18 ] 両生類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。