ネコハエトリ

2014.04.07(Mon)

ネコハエトリは生態で越冬するので、春先わりあい早くからその姿を見ることができます。道端のフェンスに大きな雌がいるのに出会いました。

20140407.jpg 201404071.jpg
(20140407 千葉市若葉区)

カメラを近づけるとプッとこっちを向くのが何ともかわいらしいところ。とは言えそう感じるのはこのクモが7、8mmしかないからで、これで大きかったらたまったものではありませんね。このくらいのハエトリグモでも3cmくらいある昆虫を平気で捕食するので、もし1mもあったら人間などあっさりやられてしまうことでしょう。幸い、節足動物は外骨格であり、現在の大気のもとではそんなには大きくはなれません。

このネコハエトリ、繁殖期に雄同士が戦う習性があり、それを利用した「クモ合戦」をさせるという遊びが千葉県内にも残っています。房総半島では多くの地域で普通に見られるハエトリグモです。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 鋏角類

22:14 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1016位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
103位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑