ミツボシツチカメムシ

2014.04.16(Wed)

森が近くにある建物の壁というものには、よく見ると意外と色々な昆虫が集まっています。この5mmくらいの小さなカメムシは、ミツボシツチカメムシです。

20140416.jpg
(20140416 千葉市若葉区)

春の野原に多いカメムシで、ヒメオドリコソウやホトケノザでよく見かけます。体長は5mmくらい。「三ツ星」の名の由来となっている黒地に白の三つの斑紋に加え、体の縁取りも白で、よく見れば非常にシックで上品と言ってもそうひどい間違いではないような姿です(これではなんだかあんまり誉めている感じがしないな)。白い斑紋は顔みたいにも見えますね。いや、むしろ顔文字と言った方がいいかな?

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・カメムシ目

21:22 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
593位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
63位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑