DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホソミオツネントンボの産卵・2014年

田んぼに水が入り始めると、一気にその周辺の生き物たちの色彩が豊かになってきます。立ち止まって目を凝らすと、越冬明けのホソミオツネントンボが、水際をすうっすうっと飛んでいるのが見えてきました。

さっそく連結産卵をしているカップル。

20140423.jpg
(20140423 千葉市若葉区)

水面上に突き出た植物の組織内に産卵するわけです。雌が単独で産卵をしている姿も散見されます。

201404231.jpg
(20140423 千葉市若葉区)

卵が孵り、そして生まれたヤゴが羽化するまでにはおよそ2ヶ月かかりますから、この日産みつけられた卵は、梅雨の季節に成虫となることでしょう。成熟した成虫は冬を越え、来年の春にまたこのように繁殖行動を行うのです。


※ホソミオツネントンボ
千葉市レッドリスト・B(重要保護生物)


▽ホソミオツネントンボに関する過去の記事

ホソミオツネントンボの産卵 2013.5.10

越冬明けのホソミオツネントンボ 2013.3.31

ホソミオツネントンボの未成熟個体 2010.7.9

ホソミオツネントンボ 2009.5.7
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/04/23 22:57 ] 昆虫類・トンボ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。