ニホンイシガメの日光浴・2014年

2014.04.24(Thu)

房総半島では年々、希少動物となっているニホンイシガメ。毎年千葉市内の河川で記録を続けています。昨年秋の台風による増水以来姿が見えず、少し心配しておりましたところ、昨年まで非常にしばしば出没していたポイントから300メートルばかり下流で日光浴しているのに、今年初めて出会うことができました。

20140424.jpg 201404241.jpg
(20140423 千葉市若葉区)

数mの間隔を置いて大小の2頭、いずれもなぜかミシシッピアカミミガメと一緒にいます。右写真の、アカミミガメの背中にのっかってる小さいやつは、昨年、追尾・求愛行動を記録した時の雄の方の個体に間違いないと思います。大きい方も、十中八九、その時の雌の方です。すぐそばで互いに別種のカメと一緒にいるとは、相変わらずこのカップルの空気感は微妙でちょっと笑えます。

人間でも動物でも、「どうしてるかな、元気でいるかな」と思っていた相手が元気でいてくれるのは嬉しいものです。元気でいるっていいですね。ほんとにいいものです。

※ニホンイシガメ
環境省レッドリスト・DD(情報不足)
千葉県レッドリスト・A(最重要保護生物)
千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)


▽ニホンイシガメに関する過去の記事

ニホンイシガメの追尾・求愛行動 2013.9.25

ニホンイシガメの求愛行動 2012.7.10

ニホンイシガメの日光浴・2012年 2012.6.15

ニホンイシガメの日光浴・2011年 2011.5.20

ニホンイシガメ@綿打池 2011.4.13 

ニホンイシガメの日光浴・11月 2010.11.30

ニホンイシガメの日光浴 2010.7.25

ニホンイシガメ@都川 2010.5.5

ニホンイシガメ@都川 2010.4.20

ニホンイシガメ@不忍池 2009.9.11

ニホンイシガメ@綿打池 2009.7.18
関連記事
スポンサーサイト

Category: 爬虫類

22:10 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
82位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑