DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニホンアマガエルの抱接

田んぼに水が入り始めると、冬眠から覚めたこのひとたちが集まってきます。谷津田の水路にはたくさんのニホンアマガエルが繁殖行動のためにやってきており、中には抱接中のカップルも見られました。

20140429.jpg 201404291.jpg
(20140428 千葉市若葉区)

・・・雄の口元になんか葉っぱみたいのがついてますね。

この時点で午前11時。一般的に産卵が行われるのは夜です。もしずっとこうしていたら雌はずいぶんと苦しいでしょうし、雄もくたびれることでしょう。周囲の畦道や水路の壁面からは、ゲコゲコと声が響いています。ニホンアマガエルの産卵シーズンはかなり長く、断続的に夏まで行われ、年に二回産卵する雌もいるということです。無事に卵が孵化し、首尾よく変態上陸までこぎつけた場合、ニホンアマガエルの寿命は5年くらいと言われています。飼育下では10年を越えた例もあるということですが、アマガエルというのは何しろ天敵のたくさんいる生き物です。野生下ではなかなかそれほどには達しないことでしょう。


▽ニホンアマガエルに関する過去の記事

サクラとニホンアマガエル 2012.4.24

寄り添うニホンアマガエル幼体 2011.7.8

ヤマカガシ、ニホンアマガエルを捕食する 2011.5.15

ニホンアマガエルのシーズン到来 2011.5.2

物干し台のニホンアマガエル 2010.10.10

アジサイの花のニホンアマガエル 2010.7.22

シュレーゲルアオガエルとニホンアマガエルの幼体の区別 2010.7.7

ニホンアマガエル・上陸への試練 2010.6.11

ニホンアマガエルの繁殖期 2010.4.23

ニホンアマガエル・2010年も庭に登場 2010.4.13

ニホンアマガエル、尻尾を残したまま上陸 2010.2.17

千葉市の両生類 2010.1.24

ニホンアマガエル・2009コレクション 2009.11.1

ニホンアマガエルの上陸 2009.6.11

ニホンアマガエル 2009.4.30

挙動不審なニホンアマガエル 2008.9.25

ダンゴムシに顎を乗せるニホンアマガエル 2008.9.16

ニホンアマガエルのアクビ 2008.9.10

ニホンアマガエルの保護色 2008.9.5

鳴くニホンアマガエル 2008.9.3

雨の日のニホンアマガエル 2008.8.26

ニホンアマガエルの幼体 2008.6.21

ニホンアマガエルのオタマジャクシ 2008.5.29

フェンスにくっつくニホンアマガエル 2008.5.22

ニホンアマガエル 2008.4.16
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/04/29 20:34 ] 両生類 | TB(-) | CM(2)
かえるさん
加曽利町のジュンサイ池公園のすべり台のある入口付近に夜行くとアマガエルが集まる家がありますよ。
[ 2014/04/30 21:38 ] [ 編集 ]
>しーまんさん
情報ありがとうございます!
[ 2014/05/01 23:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。