DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フデリンドウ・2014年

ひょんなことから、昨年まで知らなかったフデリンドウの群生地を見つけました。日当たりの良い林縁にパッと目についたのが3株、そのあと林の中を歩き回って、全部で7株ほど確認しました。もう少し時間をかければ10株くらいは見つかったかもしれません。フデリンドウは採掘されたりなんだりで年々数を減らしており、このくらい生えている場所は千葉市内ではかなり有力な群生地と言えるでしょう。

20140430.jpg 201404301.jpg
(20140428 千葉市若葉区)

左写真の蕾が、「筆」リンドウという名の由来をよく現していますね。フデリンドウは晴天の時にだけ咲き、雨天や曇天では花を閉じてしまいます。この日は晴れたり曇ったりしている日で、たかだか30分くらいの間にも、微妙に閉じたり開いたりする様子が見られました。

この花のあとにはさく果ができます。おもしろいことに、さく果は花とは逆に、雨の日に開き、晴れの日に閉じるのです。雨水にのって流れ出した種は秋に発芽し、翌年の春に花を咲かせます。


※フデリンドウ
千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)

▽フデリンドウに関する過去の記事

フデリンドウ・2013年 2013.4.8

曇りの日のフデリンドウ 2012.4.29

フデリンドウ 2012.4.25
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/04/30 20:59 ] 山野草 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。