ホソオビヒゲナガ(♀)

2014.05.08(Thu)

原始的なガであるヒゲナガガ科の仲間は、どこか謎めいた姿をしています。夕暮れの迫る森の中で、ホソオビヒゲナガの雌に出会いました。

20140508.jpg
(20140508 千葉市若葉区)

以前紹介した雄に比べると触角の長さ自体は短いのですが、より幅広く、黒白のツートーンになっています。このような性差についてははっきりとした原因がわかっているわけではないようです。翅を拡げると1.5cm程度、頭からお尻まででは7mmくらいしかありません。全身くすんだ金色のメタリックに輝く、初夏の森の宝石のようなガです。


▽ホソオビヒゲナガに関する過去の記事

ホソオビヒゲナガ 2012.5.6
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

21:52 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
324位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
33位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑