ヨツモンクロツツハムシ

2014.05.09(Fri)

ヨツモンクロツツハムシは体長5、6mm。四紋型のナミテントウを筒型にしたような体つきとカラーリングをしています。

20140509.jpg 201405091.jpg
(20140508 千葉市若葉区)

食草はコナラやカシワなどの葉ですから、雑木林の虫です。そうした環境ではけっこうよく目立っしてまうこの姿は天敵に襲われないための「警戒色」なのかなんなのか。案外、本当にナミテントウに擬態しているのかもしれません。成虫で越冬し、春の終わりから初夏に活動を始めます。5月の初めというのは、出会える昆虫の種類が飛躍的に増える季節なのです。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

18:39 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
925位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
101位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑