オオイシアブ

2014.05.14(Wed)

本日は谷津田の生物調査ミッション。そろそろ終わろうかという頃、こんな虫が飛んできて私のバッグにとまりました。

20140514.jpg 201405141.jpg
(20140514 袖ヶ浦市)

他の虫を口吻で突き刺して捕食する、ムシヒキアブの仲間のオオイシアブです。体長は2.5cmほど。以前紹介したチャイロオオイシアブと並んで、国産のムシヒキアブの中では最大級のサイズを誇ります。全身毛むくじゃらでがっしりとしていて、おそろしく強そうです。他のムシヒキアブ、例えばシオヤアブやなんかと比べると、ミツバチとスズメバチくらいのボリューム感の違いがあります。

生息にはかなり豊かな森林環境が必要らしく、出会う機会は決して多くありません。それほどにレアというわけではありませんが、私は勝手にこっそり「ムシヒキアブ界のタガメ」と呼んでおります。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ハエ目

21:55 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
593位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
63位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑