DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オオクチキムシ

公園の樹木の幹に、よく「クヌギ」とか「イヌシデ」とか、木の名前を書いたプレートがくっつけてありますね。ああいうのを裏返すと、けっこういろんな虫がいたりします。

20140525.jpg
(20140524 千葉市若葉区)

オオクチキムシは体長1.5cmほど。名前の通り朽木やキノコを食べて暮らしている虫で、越冬も樹皮の下です。広い意味ではゴミムシダマシの仲間で、顔つきは同じゴミムシダマシ科のキマワリによく似ています。

毒を持ってもいなければ咬みつきもしない虫ですが、素手で取り扱うのはちょっと注意したほうが良いでしょう。捕まえると独特の変な臭いを出すからです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/05/25 23:50 ] 昆虫類・甲虫目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。