DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヤマトクロスジヘビトンボ

ヘビトンボという名前はついていても、トンボではなく、もちろんヘビでもありません。広い意味では、ウスバカゲロウなどの親戚筋に当たる虫です。朝6時、谷津田の奥で出会ったこのひとは、ヤマトクロスジヘビトンボという種類です。

20140528.jpg 201405281.jpg
(20140528 袖ヶ浦市)

翅を拡げると10cmに迫る、かなり大きな虫です。全体のフォルムは確かにカゲロウに似ていますが、ずっと力強い感じがしますね。

幼虫は清流の石の下などに住み、巨大な顎を持った異様な姿をしています。その顎で様々な獲物を捕食する肉食性で、それが成虫になると樹液などを吸うようになるのですが、やっぱり顎はまだそれなりに大きく、「昔はやんちゃしてたんだぜ」という感じを漂わせています。孵化してから羽化するまでの幼虫時代は2、3年にも達するのに対し、羽化後の寿命は2週間程度と短く、この虫もやはり「繁殖して死ぬために成虫になる」かのような生活史を有しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/05/28 23:34 ] 昆虫類・アミメカゲロウ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。