セミスジコブヒゲナガカミキリ

2014.06.03(Tue)

セミスジコブヒゲナガカミキリというのはなんとも長い名前ですが、そのうち「瘤髭長」という部分が特徴をそのまんま表しています。

20140603.jpg
(20140602 千葉市若葉区)

雄の触角の第一節と第三節にはコブ状のふくらみがあり、その長さは体長(1.5cmくらい)の3倍にまで達します。昔の中国の武器かなんかみたいです。広く日本列島に分布し、広葉樹から針葉樹まで様々な樹木で発生します。千葉県北部では記録が非常に少ないカミキリムシで、私自身、千葉市内で出会うのは初めてだったのでした。いや、これ自宅から徒歩5分の路上なんですがね・・・

※セミスジコブヒゲナガカミキリ
千葉県RDB・D(一般保護生物)
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

22:59 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑