ヤマトオサガニの採餌

2014.06.05(Thu)

潮の引いた干潟。無数のヤマトオサガニが現れ、食事にいそしんでおりました。せわしなく鋏を動かしては有機堆積物を食べています。こちらのカニは、ちょっとぜいたくにハゼの死体を抱えて食べていました。



一度にちぎり取る肉片の量が少ないので、なんだかやけにお行儀がよく見えます。

一方こちらでは、ちょっと変てこな光景。堆積物をつまんでは食べているカニの背後から別のカニが近づき、甲羅の表面を突ついてむしって食べています。突つかれているカニもそのまま食事を続行するというよくわからない絵。



私はカニの生態に詳しくないのでこれがどういうことなのかわからないのですが、体についた堆積物を突ついているのかなと思う一方、突つかれているカニの甲羅が柔らかいようにも見えるので、ひょっとしたら脱皮直後か何かで、甲羅そのものを襲っているのでしょうか。もしブログをご覧の方で詳しい方がいらっしゃいましたら、ご教示頂けますと幸いです。

※ヤマトオサガニ
千葉県RDB・D(一般保護生物)
千葉市RDB・C(要保護生物)


▽ヤマトオサガニに関する過去の記事

ヤマトオサガニ 2010.5.20
関連記事
スポンサーサイト

Category: エビ・カニ類

17:13 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
324位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
33位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑