コマルハナバチ(♂)

2014.06.13(Fri)

コマルハナバチの雄は、雌、すなわち女王や働き蜂とはずいぶん姿が違います。雌バチが全身黒い毛に覆われお尻がオレンジ色なのに対し、雄はこのような明るい色の黄色い毛に覆われ、ちょっとぬいぐるみみたいです。

20140613.jpg
(20140610 袖ヶ浦市)

この雄は梅雨の時期に発生します。コマルハナバチは他のハチに比べてその生活サイクルが「前倒し」なハチで、春になるとすぐに女王バチが活動を始め、梅雨の時期までに子育てを終え、雄バチと翌年の新女王を送り出して巣を解散してしまいます。

そもそも羽化の時期がそんなですから、雄バチは働きバチのような家事労働は一切しません。その仕事は新女王と交尾して翌年に向けての遺伝子を残すことです。その後、新女王は越冬しますが、雄バチはひっそりとこの世から消えていくのです。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ハチ目

18:21 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

metalheat #3fP8K/.I

はじめまして

はじめまして。metalheatと申します。この記事を拝見させていただき、この時期にしか発生していないと伺い、何度か見かけていたので撮影しに探しにいきましたが既に・・・。来年はみのがさないようにしたいです。
私も千葉市の花見川中心に昆虫探して彷徨ってます。お互い千葉に住む昆虫の情報を共有できたなと思っており、更新楽しみにしております。よろしくお願いします。

2014.06.24(Tue) 10:12 | URL | EDIT

大島健夫 #-

>metalheatさん
こんばんは。初めまして!
コマルハナバチの雄、来年は撮影できると良いですね。

花見川方面にはこれまであまり出向いていないので、情報を共有できましたら嬉しく思います。私もそちらのブログ見に行かせて頂きます。よろしくお願いいたします。

2014.06.24(Tue) 18:58 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
925位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
101位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑