DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コウヤツリアブ

上半分だけが黒く、透明部分に黒斑の入った長い翅。腹部の末端に生えた白い毛。若干異様な姿をしたこの虫は、コウヤツリアブといいます。



  

(20080723 千葉市若葉区)


体長も13mm前後あり、けっこう大きいです。ツリアブの仲間というのは、幼虫の間は他の昆虫の体に寄生しそれを食べて育つというちょっと禍々しい生態をもつのですが、このコウヤツリアブの幼虫も、やはりドロバチやハキリバチなど、二十種類を越えるハチの幼虫に寄生するそうです。ハチが巣を作っている近所に成虫が卵を産みつけ、卵から孵った幼虫はハチの幼虫にとりついてしまうというのです。そうして成虫になると、のんきに花の蜜など吸って暮らすのですが・・・

関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/07/25 18:48 ] 昆虫類・ハエ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。