コアシダカグモ

2014.07.24(Thu)

アシダカグモと言えば屋内にいてゴキブリを食べたりする大きいクモとして皆様もよくご存じのことでしょう。うちにも「先輩」というのと「キャプテン」というのの2匹が住んでいます。

一方、こちら親戚のコアシダカグモは屋内には入らない森林性です。

20140724.jpg
(20140724 千葉市若葉区)

暗い林床、倒木などの下、岩場、あるいは洞窟のようなところで姿を見ることができます。ただし夜行性でもあり、アシダカグモほど気軽にホイホイ出会えるクモではありません。脚の斑紋、背中の模様などなかなか強い印象を与えるものがあり、体のサイズも雌では時にアシダカグモに迫るほどになります。アシダカグモが外来種であるのに対し、こちらは日本にもとから生息している在来のクモです。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 鋏角類

19:06 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑