DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カジカガエルの幼体

猛暑真っ盛りです。6月末にカジカガエルに出会った河原を再訪すると、変態上陸を果たしたかわいらしい幼体が石の間にたくさん跳ねていました。

20140808.jpg
(20140807 富津市)

長い指、その指先の大きな吸盤など、アオガエルによく似ています。カジカガエルはアオガエル科なのです。この指と吸盤を生かしてどこにでもぺたぺたと登ることができます。

カジカガエルのオタマジャクシは渓流の、それでいながら水の流れの早くない場所、すなわち流れがカーブして緩やかになっているところや石に囲まれた水たまりのようなところで成長します。このため河川工事やダム建設に弱く、現在、県内における生息地は、千葉県レッドデータブック動物編の記述に従えば「ダムの上流で適当な早瀬のある渓流」に限定されつつあるのです。

※カジカガエル
千葉県RDB・B(重要保護生物)


▽カジカガエルに関する過去の記事

カジカガエル 2014.6.27
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/08/08 11:39 ] 両生類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。