DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アメリカザリガニの死骸に集まるシマゲンゴロウetc.

谷津田の土水路。アメリカザリガニの死骸に様々な水生生物が群がります。



一番よく目立つのはシマゲンゴロウ、それにヒメゲンゴロウもいます。動画には映っていませんがコシマゲンゴロウの姿も見られました。そして大量のカワニナが死骸にとりついています。生きている時はこうした場所での生態系のピラミッドの上のほうにいるザリガニも、命がなくなればみんなのタンパク源です。こうした水生生物の豊富な環境では、動物の死骸はあっという間に分解されてゆきます。野生の生物にとっては、死ぬこともまた、生態系の中で自らの価値を発揮する大きな行為なのです。

※シマゲンゴロウ
千葉県RDB・D(一般保護生物)
千葉市RDB・B(重要保護生物)


▽シマゲンゴロウに関する過去の記事

シマゲンゴロウの幼虫 2014.6.11

シマゲンゴロウ 2011.9.15
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/08/13 22:46 ] 昆虫類・甲虫目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。