アメリカザリガニの死骸に集まるシマゲンゴロウetc.

2014.08.13(Wed)

谷津田の土水路。アメリカザリガニの死骸に様々な水生生物が群がります。



一番よく目立つのはシマゲンゴロウ、それにヒメゲンゴロウもいます。動画には映っていませんがコシマゲンゴロウの姿も見られました。そして大量のカワニナが死骸にとりついています。生きている時はこうした場所での生態系のピラミッドの上のほうにいるザリガニも、命がなくなればみんなのタンパク源です。こうした水生生物の豊富な環境では、動物の死骸はあっという間に分解されてゆきます。野生の生物にとっては、死ぬこともまた、生態系の中で自らの価値を発揮する大きな行為なのです。

※シマゲンゴロウ
千葉県RDB・D(一般保護生物)
千葉市RDB・B(重要保護生物)


▽シマゲンゴロウに関する過去の記事

シマゲンゴロウの幼虫 2014.6.11

シマゲンゴロウ 2011.9.15
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

22:46 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
740位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
76位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑