DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナガコガネグモの雌雄

立派なナガコガネグモの網の上のほうに、なんだかちっぽけなのがいます。

20140831.jpg
(20140831 千葉市若葉区)

実はこれが、雄のナガコガネグモです。虎パンツみたいな柄の堂々とした雌に比べ、大きさは3分の1以下、模様もぐっと地味です。

201408311.jpg
(20140831 千葉市若葉区)

これだとなんだか居候しているように見えますが、実は本当に居候しているのです。雄は成熟すると自分では網を張らず、こうして雌の巣にやってきて隅っこに住むのです。

なんでそんなことをするかというともちろん繁殖のためで、うらやましいヒモ生活のように思えますが、自然はそんなに甘くありません。雌はしょっちゅう雄を食べてしまうので、交尾は命がけです。男の人は想像してみてください。身長が5メートルくらいある、気の荒い食人癖のある女の人と一室に同居し、「あたし、おなかへった」なんて言われながら暮らす毎日を・・・

▽ナガコガネグモに関する過去の記事

ナガコガネグモ、カトリヤンマを捕食する 2011.10.7

ナガコガネグモ 2008.8.14

愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/08/31 22:16 ] 鋏角類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。