DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミミズクの幼虫

雑木林の葉の上などに、このようなものがくっついているのを見かけることがあります。

20140901.jpg 201409011.jpg
(20140831 千葉市若葉区)

大きさは1cmほど。平べったい姿に判然としないカラーリング。生き物であるらしいことはわかるものの、どんな生き物か一発でわかる人は、ちょっと生き物の世界的にカタギではない人でしょう。実はこれ、ミミズクの幼虫なのです。

「ミミズクって鳥でしょ、幼虫とは何ぞや」と思う人はカタギの人で、「ああ、カメムシの仲間のヨコバイ科のやつね」とすらすら素性が出てくる人がカタギじゃない人です。これの成虫には角状の突起があり、それが耳のように見えるため「ミミズク」という名前がついているのです。

クヌギやミズナラなどの汁を吸う、雑木林の虫です。千葉県・市ともにレッドデータブックへの記載こそないものの、個体数はそれほど多くなく、出会うとちょっぴりお得感があります。

愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/09/01 21:10 ] 昆虫類・カメムシ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。