クルマバッタ

2014.09.19(Fri)

よくトノサマバッタと間違えられる大型のバッタ、クルマバッタ。背中がぐっと盛り上がっていること、飛んだ時に翅に黄色い円形の斑紋とそれを取り巻くように黒い帯が見え、車輪のように見えることで区別ができます。この「車輪」が、クルマバッタの名の由来です。

20140919.jpg
(20140917 袖ヶ浦市)

草原環境を好むバッタですが、平地よりもむしろ丘陵地に生き残っているという印象です。千葉県、千葉市ともレッドデータブックへの記載こそありませんが、近年ずいぶん減少していることは確かで、出会える場所も年々少なくなってきました。特に北総地域ではレアな存在になりつつあるようです。

Amazon Kindleストアにて発売中です。
愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・バッタ目

21:30 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑