DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クルマバッタ

よくトノサマバッタと間違えられる大型のバッタ、クルマバッタ。背中がぐっと盛り上がっていること、飛んだ時に翅に黄色い円形の斑紋とそれを取り巻くように黒い帯が見え、車輪のように見えることで区別ができます。この「車輪」が、クルマバッタの名の由来です。

20140919.jpg
(20140917 袖ヶ浦市)

草原環境を好むバッタですが、平地よりもむしろ丘陵地に生き残っているという印象です。千葉県、千葉市ともレッドデータブックへの記載こそありませんが、近年ずいぶん減少していることは確かで、出会える場所も年々少なくなってきました。特に北総地域ではレアな存在になりつつあるようです。

Amazon Kindleストアにて発売中です。
愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/09/19 21:30 ] 昆虫類・バッタ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。