カキの実を食べるニホンザル

2014.10.31(Fri)

ちょっと所用で山梨方面に行っておりました。するとやっぱり通りすがりの道端で、ニホンザルの群が柿の木に集まっている光景などに出くわしてしまうので、どこに行くにもカメラは手放せません。

20141031.jpg
(20141028 山梨県北杜市)

車を停めて降りてみると、この大きな雌のサルは特に逃げようとするでもなく、ずうずうしく柿をかじっています。やがて近くの木にひょいとよじのぼり、今度は樹上で柿を物色し始めました。動画でどうぞ。



房総半島でも、秋なかばから初冬にかけては、サルが最も果樹や野菜に被害を与える季節です。この柿もきっとうまいのでしょう。別の車が数台通りかかってクラクションを鳴らしたりしたのでやっとサルたちは姿を消しましたが、食べたあとを見ると、ご覧の通りシャクシャクとかじってありました。

201410311.jpg
(20141028 山梨県北杜市)

・・・それにしてもサルが柿を食べている様子をまじまじと見ていると、「猿蟹合戦」でなぜサルが悪者として扱われているのか、なんとなくわかるような気がいたします。

※ニホンザル
千葉県RDB・C(要保護生物)


▽ニホンザルに関する過去の記事

ニホンザルのセルフグルーミング 2013.9.30

樹上のニホンザル 2013.9.29

ニホンザル 2009.11.25

***

10月30日、マイナビよりAmazon Kindleストアにて、「愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~」を発売いたしました。

as2.jpg

「愛すべき里山の生き物たち」は、里山の生き物たちの魅力を、ふつうの図鑑や解説書とは違った切り口で伝える電子書籍のシリーズです。第1集「名前の由来編」は8月20日よりお陰様で好評発売中です。

今回の第2集では身近な生き物たちの身の守り方、命のつなぎ方にこだわり、12種類の動植物について書き下ろしました。一見ありふれた小さな生き物たちも、実はその暮らしの中で様々な特殊能力を駆使しています。写真とともにそれらをお楽しみいただければ幸いです。定価250円です。

こちらよりご注文くださいませ。

*Amazon kindle書籍の買い方、読み方に関しましては、こちらをご覧ください。

皆様に改めて深く感謝申し上げます。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 哺乳類

23:09 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
655位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
70位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑