イラガの繭をつつき出すヤマガラ

2014.11.22(Sat)

公園のイチョウの幹を、ヤマガラがまるでキツツキのような音を立てつつしきりにつっついています。そして何やら丸いものをくわえ出しました。

201411221.jpg 20141122.jpg
(20141122 千葉市中央区)

これはイラガの繭をつついているのです。この繭は巧妙にカモフラージュされ、かつ硬い殻で守られていますが、ヤマガラはそれを見つけ出し、殻を突き破って中の蛹を食べるのです。幼虫時代には強烈な毒があり、触ると強い痛みを覚えるイラガの天敵にとって、こうして繭を食べるヤマガラやシジュウカラなどは大きな天敵です。

動画でご覧ください。



この動きの速さといったら!

※ヤマガラ
千葉市RDB・C(要保護生物)


▽ヤマガラに関する過去の記事

ヤマガラ 2012.2.23


Amazon Kindleストアにて発売中です。
愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~
(2014/10/30)
大島 健夫

商品詳細を見る


愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

23:11 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
59位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑