DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アメリカザリガニの死骸に集まるマメゲンゴロウ

茶色と黒のツートーンがなかなか渋いマメゲンゴロウ。水の中の小さな生き物を襲って食べるいっぽう、何か死骸のようなものが水中にあればすかさず集まってきます。

20141212.jpg 201412121.jpg
(20141212 袖ヶ浦市)

くらいついているのはザリガニの死骸。ザリガニの目玉と比べて、なんとまあ体のサイズが違うことでしょう。マメゲンゴロウは成虫で越冬するので、こんな季節でも餌があればどこかから出てきます。流水よりも浅い止水を好むので、この写真を撮影したような谷津田の池などは、その生息にたいへん好適です。それにしても漢字で「豆源五郎」と書いてみると、なんだか職人肌の頑固親父のような感じがしてきますね。

▽マメゲンゴロウに関する過去の記事

マメゲンゴロウ 2013.11.14

愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~
(2014/10/30)
大島 健夫

商品詳細を見る


愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/12/12 22:26 ] 昆虫類・甲虫目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。