ワルナスビの実

2014.12.15(Mon)

道端で、ワルナスビが黄色い実をつけているのを見つけました。

20141213.jpg 201412131.jpg
(20141213 千葉市中央区)

直径は1cmほど。こうして見るとなかなかにかわいらしく、ちょいとつまんで口に入れてみたくなる人がいてもおかしくないような気もしますが、間違ってもそんなことをしてはなりません。ワルナスビは「全草有毒」つまり隅から隅まで全部毒で、とりわけこの果実には強い毒性があります。どうしても下痢や嘔吐で苦しくなりたいときの他は食べないようにしましょう。そもそも、実はナス科の植物ってだいたい毒を持っているものなのです。

明治時代に北米から持ち込まれたワルナスビは、今では日本全国にはびこり、都市と田園とを問わずどこででも見ることができます。ここでも、やがて夏になればあのナスに似た花が咲くことでしょう。

▽ワルナスビに関する過去の記事

ワルナスビ 2011.8.4

愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~
(2014/10/30)
大島 健夫

商品詳細を見る


愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

22:17 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑