DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

越冬するモリチャバネゴキブリ幼虫

寒くなってきて、なかなか野外で虫に出会うのが難しい季節になりました。しかしだからと言って、地上の虫が全部死に絶えてしまうなどということは当然ありません。そんなことになったら、次の春が来たって何も出ては来なくなってしまいます。

道端のコンクリートブロックをひょいと引っくり返してみますと、体長数mmの、このような三葉虫みたいな変なのがたくさんいました。

20141222.jpg
(20141222 千葉市若葉区)

森林性のゴキブリ、モリチャバネゴキブリの幼虫です。ゴキブリといっても家の中にいるあの嫌われ者のやつとは違い、雑木林の林床などで、有機物を分解して暮らしているひとたちです。羽化して成虫となっても体長は1.2cmくらいしかなく、小柄です。

よく家の中でゴキブリホイホイに引っかかっているクロゴキブリ、チャバネゴキブリ、ワモンゴキブリなどのたぐいは、あれは実はみんな外来種で、南方のどこかからやってきたものなのですが、このモリチャバネゴキブリは昔から日本にいる在来種。家屋に入ることもなく、日本中の里山で大量に、しかしあまり人目にはつかずに静かに暮らしています。

▽モリチャバネゴキブリに関する過去の記事

モリチャバネゴキブリの幼虫 2011.1.16

卵鞘をつけたモリチャバネゴキブリ 2010.7.24


***


12月19日、マイナビよりAmazon Kindleストアにて、拙著「愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~」が発売となりました!

「愛すべき里山の生き物たち」は、里山の生き物たちの魅力を、ふつうの図鑑や解説書とは違った切り口で伝える電子書籍のシリーズです。第1集「名前の由来編」は8月20日より、第2集「弱者の生存戦略編」は10月30日より好評発売中です。

今回の第3集では、里山を舞台に他の生き物を襲って生活する捕食動物を12種類取り上げ、その精妙で苛烈な戦闘能力と狩りの世界に迫ります。第1集、第2集に比べ写真も大幅に増量してお届けいたします。どうぞお楽しみください!定価250円です。

愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~
(2014/12/19)
大島 健夫

商品詳細を見る


第1集、第2集もあわせてどうぞ。
愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~
(2014/10/30)
大島 健夫

商品詳細を見る


愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る


Amazon Kindle書籍の買い方、読み方につきましてはこちらをご参照ください。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/12/22 13:39 ] 昆虫類・ゴキブリ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。