DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミサゴ

山口県で出会った生き物シリーズの第三弾です。昨日の記事と同じく青海島で、遠くの岩のてっぺんにとまっているミサゴを見つけました。

20150220.jpg 201502201.jpg
(20150215 山口県長門市)

「魚鷹」という異名をとるミサゴは、その名の通りもっぱら魚をとって暮らしている猛禽類です。英名をオスプレイといい、これが例の、米軍のティルトローター式の垂直離着陸輸送機の名前に用いられているのは新聞とかで皆様も目にする機会がおありでしょう。確かにこの鳥がホバリングする様子や、足の爪でもって魚を捕えるべく水面に降りてゆく様子は機能美の到達点のようなものを感じさせるもので、人間のテクノロジーが生み出した機械の歴史というのは、ある意味では所詮は自然の生命が持つ機能を追いかけ続けてきた歴史なのかもしれません。

ミサゴは翼を広げると1m半を越える大きさがあり、こうしてたたずんでいる姿を遠目に見てもなかなか貫禄たっぷりです。広く世界中に分布する鳥で、海岸の他、大きな川や湖沼でも見られます。しかし今、各地でその生息環境は少しずつ厳しいものになっています。環境省のレッドリスト、この写真を撮った山口県のレッドリストにミサゴは準絶滅危惧種として記載されており、私の住む千葉県のレッドリストにも、重要保護生物として記載されています。

※ミサゴ
環境省RDB・NT(準絶滅危惧)
千葉県RDB・B(重要保護生物)


Amazon Kindleストアにて発売中です。
愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~
(2014/12/19)
大島 健夫

商品詳細を見る


愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~
(2014/10/30)
大島 健夫

商品詳細を見る


愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/02/20 22:32 ] 鳥類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。