DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニホンイシガメの日光浴・2015年

今年もニホンイシガメが冬眠から覚め、日光浴のために川岸に姿を現す季節がやってきました。2015年最初に出会ったイシガメは、このカメです。

201503251.jpg 20150325.jpg
(20150323 千葉市若葉区)

千葉県におけるイシガメの減少には、特定外来生物・アライグマによる食害、河川工事による生息環境の破壊、ミシシッピアカミミガメなど外来種のカメとの競合など様々な原因が挙げられています。その中で、この川のこのあたりにはまだアライグマは侵入している形跡はないものの、河川工事は近辺で行われており、近年になって工事がなされた、この写真を撮った場所よりやや上流部ではイシガメの姿は消えました。また、交雑のおそれのある外来のカメ・ハナガメも付近に既に定着しています。毎年、春になってイシガメに出会うことができると「ああ、今年もまだいるな」と思い、本当にホッとします。

口で「素晴らしい日本」とか「世界に誇れる日本」とか言うのは誰にだってできることです。

この国を愛していると自称する人の数は日ごとに増えているムードです。けっこうなことですが、そのような方々が、こうした、ごく身近にいる、あるいはいた外国にはいない日本固有種の生き物、そしてそれを育む在来生態系の素晴らしさにもより一層に目を向け、その大切さを認識してくださることを私は願っています。

※ニホンイシガメ
環境省レッドリスト・DD(情報不足)
千葉県レッドリスト・A(最重要保護生物)
千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)


▽ニホンイシガメに関する過去の記事
ニホンイシガメの日光浴・2014年 2014.4.24
ニホンイシガメの追尾・求愛行動 2013.9.25
ニホンイシガメの求愛行動 2012.7.10
ニホンイシガメの日光浴・2012年 2012.6.15
ニホンイシガメの日光浴・2011年 2011.5.20
ニホンイシガメ@綿打池 2011.4.13 
ニホンイシガメの日光浴・11月 2010.11.30
ニホンイシガメの日光浴 2010.7.25
ニホンイシガメ@都川 2010.5.5
ニホンイシガメ@都川 2010.4.20
ニホンイシガメ@不忍池 2009.9.11
ニホンイシガメ@綿打池 2009.7.18


愛すべき里山の生き物たち 第4集 ~繁殖行動の秘密編~愛すべき里山の生き物たち 第4集 ~繁殖行動の秘密編~
(2015/02/26)
大島 健夫

商品詳細を見る


愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~
(2014/12/19)
大島 健夫

商品詳細を見る


愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~
(2014/10/30)
大島 健夫

商品詳細を見る


愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/03/25 14:11 ] 爬虫類 | TB(-) | CM(1)
はじめまして!コメントをするには遅すぎましたがお許しください。私は爬虫類が大好きでその中でも特にニホンイシガメが大好きです。ニホンイシガメの事をたくさん調べていたらこのブログを見つけました。
このブログの記事をたくさん拝見させて頂きましたが、千葉県はとても環境の良い所ですね。私の地域ではほとんどトカゲやヘビ、カメといった爬虫類を見ることがほとんどできないので、この場所は私からすると夢の国のような場所です。そこで近いうちに都川を中心としたこの最高の環境を見に行きたいと思っているのですが、私は埼玉県在住なので都川周辺の事をほとんど知らないです。動画でも拝見させていただいたカメが多く集まる場所で一度だけでも野生のニホンイシガメを見てみたいと思いました。また、トカゲやヘビが見られる場所も知りたいです。大体の位置だけでも教えて頂けると大変ありがたいです。はじめてのコメントながら長文かつ、図々しい内容になってしまい大変申し訳ございません。
[ 2018/05/01 23:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。