ニホンカナヘビの交尾

2015.04.16(Thu)

冬眠から覚めたニホンカナヘビたちの、恋の季節が始まっています。農道の道端で交尾行動にいそしんでいるカップルを見つけ、動画に撮影してみました。



まずは雄が位置を変えながらカプカプと雌の体を噛み、そしてきりのいいところで素早く腰のまわりに巻きついて交尾開始です。ここまではたいへん速いのですが、いったん姿勢が決まると数十分くらいそのままだったりするので、ここは割愛しましょう。

20150416.jpg 201504161.jpg
(20150416 千葉市若葉区)

雌は尾が再生した跡があります。様々な修羅場をくぐってきたのでしょう。それでなくとも、交尾というのは動物が最も外敵から無防備になる瞬間のひとつです。カメラを近づけても必死に雌にしがみついている雄の表情もどことなくけなげです。

うまく受精すれば、雌は2個から6個くらいの卵を産みます。卵は白く、植物の根元などに産まれるので、草刈りなどしていて見つけた方も多いことでしょう。雌は夏の終わりまでこの交尾→産卵を繰り返します。

※ニホンカナヘビ
千葉県RDB・D(一般保護生物)


▽ニホンカナヘビに関する過去の記事
ニホンカナヘビ幼体の日光浴 2011.9.8 
チュウサギ、ニホンカナヘビを捕食する 2010.11.24
ニホンカナヘビだらけ 2010.4.7
ニホンカナヘビ 2008.7.15

愛すべき里山の生き物たち 第4集 ~繁殖行動の秘密編~愛すべき里山の生き物たち 第4集 ~繁殖行動の秘密編~
(2015/02/26)
大島 健夫

商品詳細を見る


愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~
(2014/12/19)
大島 健夫

商品詳細を見る


愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~
(2014/10/30)
大島 健夫

商品詳細を見る


愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
(2014/08/20)
大島 健夫

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

Category: 爬虫類

23:06 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
655位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
70位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑