コチャバネセセリ

2008.07.31(Thu)

地味なのが多いセセリチョウの中でも、コチャバネセセリはさらにひときわ渋いですが、太陽の下で見ると、光の微妙な加減で翅の色がさまざまな味わいを見せます。



   

(20080729 千葉市若葉区)


セセリチョウの例に漏れず飛ぶのが速く、あっという間にギュイーンと飛んでゆきます。この戦闘機のようなデルタ翼型の翅は航空力学的にも優れているのでしょう。幼虫はササなんぞを食べていますが、成虫は花の蜜を吸い、地面で水を飲んだり、時には犬のウンコに集まっていたりします。翅の白い斑紋はないのもいるようです。


それにしても、このブログを始めてからつくづく思います。チョウだけをとっても、ほんの身近に、何と多種多様な種類がいるのだろう、と。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

21:37 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
48位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑