DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タテジマイソギンチャクが開くと・・・

ありふれたタテジマイソギンチャクといえども、ブロックの裏などにびっしりくっついているのが引き潮の時に空気にさらされて全部閉じていると、なんだか異世界のような観を呈しています。

20150522.jpg
(20150521 千葉市美浜区)

イソギンチャク基本ルール、潮が満ちてきて水に浸かれば触手が開きます。半分ほど開くとこうで、

201505221.jpg
(20150521 千葉市美浜区)

全開になるとこう。

201505222.jpg
(20150521 千葉市美浜区)

こうして、波に打ち寄せられてくる、捕えられそうな小動物や、有機物のかけらを待ち構えるわけです。やっぱり、イソギンチャクは開いている時の方が絵になりますね。

▽タテジマイソギンチャクに関する過去の記事
タテジマイソギンチャク 2015.2.10
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/05/26 22:49 ] 刺胞動物 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。